トップ

AGAを入浴で改善

AGAと入浴の関係性とは

正しい入浴によりAGA改善

最近抜け毛が増えた気がする、そんな悩みを持っている方は少なくありません。いわゆる男性型脱毛症(AGA)を進行させてしまう原因の一つに間違った入浴方法があります。一見すると関係のないように思えるAGAと入浴ですが、どのような関係があるのでしょうか。正しい入浴を行うことによっては育毛能力を上げることができます。AGA改善のための知識ならこちら。

AGAと入浴の関係というとシャンプーや頭皮マッサージが一番に思い浮かぶかもしれません。しかし、これらと同じほど、あるいはそれ以上にAGAに関係しているのが湯船にはるお湯の温度と入浴の長さです。あるAGA専門クリニックの調査によると、AGAの悩みを持つ方の大半が湯船に浸からずシャワーだけで済ます日が多い、あるいは入浴をしない日があることが分かっています。また、湯船に浸かったとしても高温のお湯に短時間浸かるのみで済ませてしまうことが多い傾向にありました。

AGAを改善させるという観点からすると高温での入浴はNGと言えます。高温のお湯に浸かると体温は急激に上昇します。そして、急激に上がった体温は急激に下がります。風呂の温度を高くして早風呂の傾向のある人は、入浴後の体温の低下が激しく、平熱も低めで代謝能力も低下してしまいます。頭皮の温度が低いと頭皮の新陳代謝能力も低く、血行が悪くなる為に毛髪が成長する上で必要な栄養も行きわたらず、AGAを進行させてしまいます。

AGA改善の為には、38~40度くらいのぬるめの湯船に15~20分入浴することで、体温をゆっくりと上昇させることが大切です。ゆっくり上昇した体温は長く維持することが可能で、頭皮の新陳代謝や血行を促進します。また、お風呂に入らない日があったり、シャワーだけで済ましてしまったりすると頭皮の発毛環境に悪い影響を及ぼします。一日の終わりにはゆっくり湯船に浸かってリラックスし、仕事の疲れを癒す習慣を身に付けるようにしましょう。

Copyright © AGAと入浴の関係性とは. All rights reserved.